アクアリウム

【初心者アクアリウム】水槽コケ取り コケ対策 アルジガード

60cm水槽を導入して3ヶ月経過しました。

2週間で水替えをしていても、1週間過ぎたあたりでコケが生えるようになり、2週間が過ぎる頃にはコケまみれになってしまいました。

コケ取り用スクレーパーとコケ抑制剤アルジガードを導入購入したので紹介していきます。

ガラス面に生える緑コケの正体

コケにはいくつか種類がありますが、ガラス面以外にはコケらしきものは見当たらない状況です。

どうやら珪藻類というものの一種らしく、特別悪さをするようなものではないようですが、放置すると細胞分裂を繰り返し、どんどんガラス面を覆っていくようです。

発生原因は、水質が悪い、照射時間が長い、エサを与え過ぎ等が考えられますが、思い当たるのは直射日光です。

窓から少し離れた直射日光の当たらない場所に水槽を設置していますが、どうやら窓からの光が原因だと思われます。

緑コケ除去 スクレーパー



今までは水槽の中に手を入れて、メラミンスポンジでガラス面のコケを除去を行っていましたが、専用のスクレーパーを購入してみました。

ガラス面のコケをステンレス製の刃でそぎ落とすようなので、ガラス面の傷が懸念されますがレビューを見ていると傷が付くような事はなさそうなので試してみました。
軽く力を入れて擦るだけで、このように綺麗になりました。
取れた緑コケはスクレーパーから落ちて、水槽の中に散乱し熱帯魚達が突きにきます。
1/3程度除去した時に思いました「メラミンスポンジで除去した方が、圧倒的に早くて綺麗にできる」という事を。
スクレーパーを水槽に入れると、魚たちが近寄ってきて危ないし、丁寧にしていても取り残しが出てくるし、刃が小さいので全て除去するにはそれなりの時間が必要です。
砂利に埋め込んであるアマゾンソードと生態以外を水槽から出して、残りはメラミンスポンジで除去する事にしました。

コケ抑制剤 アルジガード投入



ガラス面の掃除→水替え(半量)→上部フィルタースポンジ交換→ブラックホール投入と掃除を行い、塩素除去した水を入れ最後にアルジガードを投入しました。
以前は【すごいんですコケ防止】というコケ防止剤を使っていましたが、無いよりはマシですが劇的な効果は感じられなかったので、今回は少し奮発して評判のいいアルジガードろいうものを使用してみました。
規定量を投入するだけなので、すぐに効果はわかりませんが、1週間~2週間経過したあたりで効果を確認していきたいと思います。