化粧品

業界歴7年の筆者が勧める化粧水の選び方 おすすめ5選

化粧水とは

お肌に水分を与えて乾燥を防ぐ役割をしています。

女性約9割、男性の約5割が日常的に使用していると言われ、欠かせない化粧品の1つだと言えます。

巷には数え切れないほどの種類が出回っていて、どれを選べばいいか迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

化粧品には消費者を錯覚させるようなパッケージの物も数多く存在します。

業界歴7年の筆者が選び方、おすすめ化粧水を紹介します。

高額な化粧水は必要ない

 

高い化粧水の方がよさそうだけど、実際どうなの?

 

化粧水は100円ショップでも販売されていて、価格態は100円~15000円程度まで幅があります。

その違いは何だかご存じでしょうか?

実は中身の値段の違いはほとんどなく、箱や容器代、メーカーの利益、パッケージのデザイン費の差等によるものなのです。

安くて人気のある化粧品は大量生産を行っている為、経費が安く済むため販売価格を抑えることができているのです。

一般的な化粧水の約8~9割は水です。

ここに保湿成分(BG,グリセリン、DPG等)や、防腐剤(パラベン、フェノキシエタノール等)、とろみを与えて使用感を良くするために増粘剤(カルボマー、キサンタンガム等)に加え、ヒアルロン酸やビタミンC等の美容成分が配合されてできています。

これらの本来化粧水に必要な成分以外の物を加えて、高額販売されている商品もありますがそのようなものは化粧水には必要ないので、以下を目安に選びます。

基本成分だけで構成されたシンプルな物
(よくわからない〇〇高配合とか書かれていない物)

高額なガラス容器や箱に入っていないプラスチック製容器の物

一度は耳にしたことのあるメーカーの物

ネットや量販店でよく見かける (取り扱い店舗が多い) 物

値段は1000円前後の物が一番コスパが高いです。

新製品は買うな

新製品だからといって飛びついて買い物した事ありませんか?

化粧品売り場に並んでいる化粧水は長年愛用され、信頼を勝ち取った結果そこに並ぶ事ができているのです。

新発売の肩書を背負って売り場に並ぶ事ができたリピーターのいない化粧水と、古くから長年並んでいて一定のリピーターがいる化粧水なら後者を選んだ方がいいです。

もちろん新製品の化粧水がお肌に合っていい可能性もありますが、売れなくて売り場からなくなる可能性も大いにあるということです。

パッケージに騙されるな

男性は男性用化粧水を選ばなければならないと思っている方がいたら、枠を取り払う事をおすすめします。

男性用化粧水は化粧水を使用している男性をターゲットにしているのですから、市場規模が小さく同じ化粧水でも割高の可能性があります。

中身の違いもそれほどないので、化粧水市場全体から選ぶ事をおすすめします。

おすすめ5選

1、ナチュリエ スキンコンディショナー ハトムギ化粧水 500ml

Amazonで人気ランキング1位のハトムギ化粧水。
1000ml入って1000円以下と非常にコスパが高いです。
大容量の為、体全身のケアにも惜しみなく使う事ができます。

 水、DPG、BG、グリセリン、グリチルリチン酸2K、ハトムギエキス、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、エタノール、クエン酸、クエン酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

2、無印良品 化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ 400ml

こちらも大人気の無印良品から販売されている化粧水。
無印良品のブランドを抜いても使いやすい化粧水ではないでしょうか。

水、DPG、グリセリン、PEG-32、ジグリセリン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ヒアルロン酸Na、アラントイン、グレープフルーツ種子エキス、ポリクオタニウム-51、スベリヒユエキス、BG、フェノキシエタノール、PCA-Na、クエン酸Na、クエン酸

3、肌ラボ 極潤 ヒアルロン酸 化粧水 ヒアルロン酸3種配合 170ml

非常にとろみがあり伸びやすく、上記2つよりも液垂れしにくく使い勝手がいいです。
詰め替え用もあり、Amazon定期便でも購入することができるのでコスパも悪くないです。

水、BG、グリセリン、加水分解ヒアルロン酸(ナノ化ヒアルロン酸)、アセチルヒアルロン酸Na(スーパーヒアルロン酸)、ヒアルロン酸Na、PPG-10メチルグルコース、コハク酸2Na、ヒドロキシエチルセルロース、コハク酸、メチルパラベン

4、セザンヌ スキンコンディショナー高保湿 500ml

セラミドの効果かどうかはわかりませんが、保湿力は高いです。

水、グリセリン、BG、ハトムギ種子エキス、セラミドAP、セラミドNP、セラミドEOP、フィトスフィンゴシン、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、サクシノイルアテロコラーゲン、ダイズ種子エキス、グルタミン酸、アロエベラ液汁、レモン果実エキス、ローズマリー葉エキス、ホップ花エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、スギナエキス、PCA-Na、セリン、リシン、グリシン、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、コレステロール、ベタイン、アラントイン、ソルビトール、クエン酸、クエン酸Na、EDTA-2Na、ヒドロキシエチルセルロース、キサンタンガム、ラウロイルラクチレートNa、カルボマー、(スチレン/VP)コポリマー、メチルパラベン、プロピルパラベン

5、ちふれ化粧品 化粧水 しっとりタイプ 180ml

 

この中では値段はやや高めですが、シンプルな成分構成になっており、メーカーが配合率まで好評しているので、ユーザーを惑わそうとしない姿勢が見られ好感が持てます。

水、グリセリン、BG、DPG、メチルグルセス-10、エリスルトール、 PEG/PPG/ポリブチレングリコール−8/5/3グリセリン 、 PEG−75 、 トレハロース 、 ヒアルロン酸Na 、 クエン酸Na 、 クエン酸 、 メチルパラベン 、 フェノキシエタノール

まとめ

安くていい化粧品は他にも沢山ありますが、まずはこの当たりの商品から試していけば自分に合うものが見つかるのではないでしょうか。


合わないからといって高額化粧水を購入する前に、今一度これらの化粧水を試してみて下さい。

 

毎日使うものだから安くていい物を購入したいね。